TIPSお役立ち情報

  1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. スクリーンの選び方
2020.10.27

スクリーンの選び方




ケーススタディ 01


会場情報

●幅15m×奥行き20m×天井高4.5m(縦使いの会場)
●客席数360席のシアター形式
●スクリーンバトンなし


映像素材

●演台のパソコンのみ
●スライドデータはアスペクト比4:3で作成









ケーススタディ 02 大型会場でのスクリーン選択方法を検証してみよう


会場情報

●幅50m×奥行き26m×天井高9m(横使いの会場)
●天井に吊下げ2mのシャンデリアあり
●客席数1,350席のシアター形式
●スクリーンは3面設置


映像素材

●複数台のパソコンを使用
●スライドデータはレギュレーション上は16:9を推奨。
  ただし発表者によっては4:3のデータを用意している可能性がある
●HD画質のライブカメラを検討中







前項と同様に、立面図を使ってスクリーンサイズを検討します。
天井高は十分にあるものの、天井から吊り下げられたシャンデリアが気になります。。。



さらに、断面図を確認し、吊下げ2mのシャンデリアの干渉具合を検証します。


断面図を見るとシャンデリアは、プロジェクター光や最後列からの目線にほとんど干渉していません。この結果、当初プランの330インチよりさらに大きな400インチでも設置可能なことがわかりました。

今回の例ではスクリーンを3面設置するため330インチでも十分に視認性を確保できていますが、400インチという選択肢が加わることで、より柔軟なプランニングが可能になります。




会場によって照明機器の位置や天井の形状が異なります。いざ会場に行ってみると「天井が思ったより低かった。。。」という事態も無きにしも非ずです。

事前に会場の広さや天井の高さ、スクリーンを設置する位置などしっかりプランを立てて、最適なスクリーンサイズを選ぶようにしましょう。

「全員からちゃんと見えるスクリーンの設置位置は?」「横幅が広い会場の場合は何枚スクリーンが必要?」などご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。



ぜひこちらの記事も一緒にご覧ください


TIPS:プロジェクターの選び方
TIPS:ケーブル/コネクターガイド

お問い合わせ

サービスに関するご質問・ご相談やカタログのご請求などはこちらから